シーラント という 虫歯予防 処置があることを聞いたことはありますか?

あまり聞き慣れない言葉と感じる人が多いかもしれません。

子供の歯を虫歯にならないように予防したいと思っても歯磨き以外に何をしたらいいかわからない方も多いと思います。

歯医者さんへ行ってシーラントをすすめられたという方もいるのではないでしょうか。

今回はそんなお父さんお母さんに知ってほしいシーラントという予防処置についての記事で書いていきます。

 

1.シーラントとは

まずシーラントとは乳歯(子供の歯)の奥歯2本や生えたての永久歯(大人の歯)に白い樹脂(プラスチック)を奥歯の溝につめて虫歯にならないように予防する処置のことです。

乳歯は永久歯に比べて表面のエナメル質が薄く、虫歯になると進行が早いのが特徴です。

なので虫歯になる前にあらかじめシーラント処置をしておくことによって予防することが出来ます。

生えて間もない永久歯は奥歯なので歯ブラシが行き届きにくく虫歯のなりやすくなります。

一度虫歯になって治療をしている歯にはシーラントをする事は出来ません。

(歯と同じ色の樹脂をつめていたりかぶせ物をしてある歯のこと)

シーラントは歯を削ったりする治療ではありません。

保険適用内なので処置することをオススメします。

 

2.シーラントはいつ頃のタイミングがいいの?

乳歯が全部生えそろった頃と歳臼歯といって一番最初に生えてくる大人の歯がでてきたら早めに処置してもらいましょう。

6歳臼歯はだいたい6歳前後で生えてくる大人の歯です。

一度つめてもご飯食べたり歯磨きをしてだんだんシーラントが取れてしまうことがあるので4ヶ月おきくらいのペースで定期検診でチェックしてもらうといいでしょう。

もしとれていたら虫歯の検査をして全体のクリーニングが終わったあとにシーラントをつめなおしていきます。

しかしシーラントししたからといって虫歯にならないというわけではありません。

とれてしまっていたり奥歯のみぞは埋めていても歯と歯の間からも虫歯は出来るので家でのお手入れと定期検診がとても大事になってきます。

 

3.シーラントの流れ

1.まずお口の中をチェックしてシーラントが出来る歯があるかをみていきます。

2.歯の溝に汚れが残らないようにきれいにクリーニングをしていきます。

3.シーラントがよくつくように歯にお薬を塗っていきます。

4.特殊な光を使ってお薬をかためていきます。

5.シーラントの樹脂を溝に流していきます。

6.4と同じ特殊な光を当てて樹脂を固めていきます。

このような流れになります。

 

4.まとめ

シーラントは一度つめても取れてしまうことがあります。

見た目は白いのでとれているかどうかわかりづらいです。

なので定期的に歯医者さんで検診をしていくことをおすすめします。

もしとれていたらつめなおす必要があります。

家での歯磨きも大事になってくるのでしっかりお手入れをしていただければと思います。

シーラントについて興味を持った方はいつでもお電話お待ちしています。

 

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

埼玉県狭山市木馬歯科医院

〒350-1305

埼玉県狭山市入間川2-26-15アイランド狭山2F
TEL:0120-648-742

FAX:04-2953-6353

E-mail:tooth@mokubashika.com

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜