歯ブラシの毛にも極細毛や毛先が球状のもの、山切りカットのもの、平らなものなどたくさん種類があって迷ってしまいますよね。

なので今回はオススメの歯ブラシの毛の細さやカットの仕方について書いていきます。

 

極細毛よりも普通の細さがオススメ

 

歯周病予防のために歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の中も磨けるとよく宣伝されている極細毛の歯ブラシを使っている方も多いと思います。

ですが極細毛だと毛がしなってしまい毛先が歯の表面や歯と歯の間など磨きたいところに当たっていないことが多いです。

とくに磨く時の力が強い人は毛先がほとんど当たっていないということがあります。

そうすると磨き残しが増えてしまい虫歯のリスクが高くなってしまいます。

なのでしならずに磨ける普通の細さのものがオススメです。

 

毛先は球状に加工されているものよりラウンドカットがオススメ

極細毛の他にも毛先が球状に加工されているものもありますが、ラウンドカットといって歯茎を傷つけないようになめらかに加工されているものがオススメです。

ラウンドカットはこのようにカットされているもののことを言います。

球状のものはラウンドカットのものに比べて歯茎を傷つけてしまうことがあります。

なので球状のものよりもラウンドカットのものを選ぶようにしましょう。

 

ブラシは山切りカットででこぼこしているものよりも平らなものがオススメ

ブラシが横から見たときにでこぼこしている山切りカットのものよりも平らになっているものがオススメです。

 

山切りカットになっているものは歯と歯の間にフィットさせることが難しく磨き残しが増えてしまいます。

歯磨きをするときは歯の表面だけじゃなく歯と歯の間の汚れまで落としてほしいので平らなものを選びましょう。

 

以上がオススメの歯ブラシ毛の細さやカットの仕方についてでした。

歯ブラシは極細毛や球状になっているもの、山切りカットのように特殊な加工をされてるものよりも、シンプルなものの方が汚れを落としやすかったりフィットさせやすいです。

歯ブラシを選ぶ時の参考にしてみてください。

○●————————————-●○
埼玉県狭山市木馬歯科
〒350ー1305

埼玉県狭山市入間川3ー31-5

イオン武蔵狭山3F

TEL:04ー2953ー8422

メール:tooth@www.mokubashika.com
○●————————————-●○