歯ブラシの選び方はどうすればいいの?

歯ブラシを買う時種類がいっぱいあって、どんな歯ブラシを買えばいいのか迷ってしまうことはありませんか?

そんな方のために今回は歯ブラシの選び方について書いていきます。

歯ブラシの選び方

その1 柄は持ちやすいものを選びましょう

柄が動物の形などをしている物なども多くあります。

とてもかわいいのでつい買ってしまうこともあると思います。

ですが歯を磨く時は力が入り過ぎないように鉛筆を持つように持って磨くといいといわれています。

その持ち方で動物の形をしているものを持とうとすると持ちづらく磨くのも大変になってしまいます。

持ちやすい柄がまっすぐなものを選ぶようにしましょう。

その2 ブラシがついている部分の厚さが薄いものを選びましょう

ヘッド(ブラシのついている部分)が出来るだけ薄いものを選びましょう。

ヘッドが厚いと奥歯を磨く時に引っかかってしまって奥歯に届かなくなってしまうことがあります。

そうすると奥歯が虫歯になってしまったり、歯周病になってしまったりしてしまいます。

そうならないためにヘッドが薄く奥までちゃんと届く歯ブラシを選びましょう。

その3 ブラシの大きさはだいたい上の前歯2本分くらいの大きさを選びましょう

ブラシの大きさもいろいろ種類があります。

その中でも自分の上前歯2本分くらいの大きさのものを選ぶといいでしょう。

前歯2本分といわれともわかりづらいかなと思います。

木馬歯科が多くの人にオススメしている歯ブラシの大きさを測ってみたら約2cmでした。

このサイズを選ぶと大きすぎることもなく全部の歯を磨くことが出来るのでオススメです。

ですが歯が重なって生えてしまっているなど歯並びの関係で磨きづらいところが出来てしまう人や、奥歯を磨くのがどうしても苦手という人は毛束が一本のワンタフトブラシも一緒に使うといいでしょう。

その4 ブラシは柔らかめから普通のものを選びましょう

ブラシの柔らかさにも種類があります。

柔らかめから普通のものを選ぶようにしましょう。

硬いブラシでゴシゴシと歯を磨いてしまうと少しづつ歯がけずれて知覚過敏になってしまいます。

とくに研磨剤が入っている歯磨き粉をたくさん使って硬いブラシで磨いている人は知覚過敏になりやすいです。

なのでブラシは柔らかめから普通くらいのものを選びましょう。

もし歯磨きのたびに出血するなど歯肉が弱っている人は普通よりも柔らかめの歯ブラシ、さらに出血が酷い方には毛が一列になっているタイプの歯ブラシがオススメです。

その5 極細毛や山切り(でこぼこしているもの)よりも平らで普通の毛のものを選びましょう

歯と歯茎の隙間にも入りやすい極細毛やブラシがでこぼこに切られている山切りタイプなどの、ブラシの面が平らではないものよりも平らになっている普通のブラシがを選ぶようにしましょう。

極細毛や山切りタイプのものだと毛先を歯の表面に当てようとするとしなってしまい、歯の表面にしっかりと毛先が当たらず磨けないことが多いです。

平らで普通の毛のブラシなら強い力で歯に押し付けない限りしなって歯に当たらないということはありません。

しっかりと歯の表面の汚れを落とすために平らで極細毛ではないものを選びましょう。

 

以上が歯ブラシの選び方になります。

一番いいのは歯科医院で歯科衛生士さんや先生に相談して自分の口の状態にあったものを選んでもらうことです。

その時に正しい歯ブラシのあて方や補助用具の使い方なども一緒に教えてもらえますので一度相談してみましょう。

木馬歯科でも歯科衛生士が磨き方のお話やその方にあったオススメの歯ブラシについてのお話をしています。

お子様から大人の方までみなさんにオススメなので一度受けてみませんか?

○●————————————-●○
埼玉県狭山市木馬歯科
〒350ー1305

埼玉県狭山市入間川3ー31-5

イオン武蔵狭山3F

TEL:04ー2953ー8422

メール:tooth@mokubashika.com
○●————————————-●○