抜けたままの状態を放置していませんか?

 

子供の歯が抜けた場合、後から生えてくるので心配要りません。

しかし大人の歯を抜歯した場合(親知らずは含まない)、もう下から新しい歯が生えてきません。

いままであった歯が一本でもなくなるとさまざまな悪影響がでてきます。

 

1.大人の歯が抜けてしまった原因

まず歯が抜けてしまった原因についていくつかあげていきます。

 

・歯周病が進行して自然に抜けた、あるいは抜歯した。

・大きい虫歯(残根など)があり抜歯してそのままにしてしまった。

・歯が何かしらの理由で折れてしまった。

などが一つの理由として考えられます。

 

2.抜けたまま放置してしまうとどんな悪影響があるか

歯を一本くらい失っても、、というのは大きな間違いです。

親知らずを抜いた場合は問題ありません。

それ以外の歯は抜いて放置してしまうとよくありません。

 

・かみ合わせが悪くなる

抜いてしまった歯の間を埋めようとして他の歯が移動しはじめます。

そうすると斜めをむいてしまったり上の歯が下がってきてしまいます。

そしてかみ合わせがだんだん悪くなっていきます。

 

・見た目が悪くなる

歯は抜いた後の隙間をうめようとして移動します。

そうすると歯並びが悪くなったり、汚れがたまりやすくなります。

磨きにくいので虫歯や歯周病にもなりやすくなってしまいます。

普段あまり人の歯を意識していない人でも話したり笑っている時に前歯が抜けたままの状態になっていると気になる人も多いと思います。

 

・顔の輪郭が変わる

口元にしわやたるみができる原因になったり、しっかりかみ合わせがないと噛む筋肉が低下し偏りが出てきてしまいます。

 

・胃に負担がかかる

食べ物をしっかり噛まずに飲み込んでしまうと胃や体にも良くありません。

噛みあわせがしっかりないと噛み切ったりすりつぶしたりする事が難しくなり唾液も出なくなってしまいます。

 

・発音しにくくなる

歯がないところから息がもれてしまい、上手く発音が出来なくなってしまいます。

 

3.歯がなくなってしまったらその後の治療って?

木馬歯科で行っている治療法は2つあります。

・入れ歯(保険)

まず1つ目は入れ歯を入れる治療法です。

取り外しが可能で自分の残っている歯に金属のバネをかけて使います。

 

メリット

・自分の歯を削らずに製作できる。

・保険が適用される。

デメリット

・入れ歯が入る場所によって金属のバネが目立つ。

・割れやすい。

 

・ミラクルデンチャー(自費診療)

保険の入れ歯に比べると金属の部分がとても少なく粘着性のある食べ物を食べても外れにくいのが特徴です。

保険の入れ歯と違い上下に取り外しするのではなく、スライドさせてはいるというタイプのものになります。

 

メリット

・はずれにくい、よく噛める。

・保険の入れ歯より小さく作ることが可能。

デメリット

・保険が適用されない。

・費用がかかる。

 

・ブリッジ

ブリッジは失ってしまった歯の両隣の歯を削ってかぶせるという方法になります。

 

メリット

・取り外しがいらない。

デメリット

・歯を削る。

・お手入れが難しいので歯周病になりやすい。

 

4.まとめ

このように歯がなくなってしまうと様々な悪影響が出てきてしまいます。

歯が自然に抜けてしまったり、虫歯が大きくてまたその歯を使うことが難しい場合抜歯という治療になることがあります。

歯がない状態のまま放置してしまうのではなく早めに噛みあわせを作ることをオススメします。

歯を入れたい方やどういう治療方法になるのか興味がある方はお気軽に木馬歯科医院までご連絡おまちしています。

 

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

埼玉県狭山市木馬歯科医院

〒350-1305

埼玉県狭山市入間川3-31-5イオン武蔵狭山3F
TEL:04-2953-8422

FAX:04-2953-6353

E-mail:tooth@mokubashika.com

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜