埼玉県狭山市の口臭治療も出来る歯医者さん。土曜日・日曜日通常診療です。イオン武蔵狭山3Fにある歯科医院。
【木馬歯科ニュース】

歯磨き

お口の健康から全身の健康を考える(3)

成人の8割が歯周病に罹患しているという事実。 これは、ここまでブラッシングを続けるべきというゴールが 定まっていないからなのです。 100m走であれば、100m走らないと記録が残りません。 それを、ほとんどの方が80m走ったところでやめているのです。

更新のお知らせ

お口の健康から全身の健康を考える(2)

歯ブラシで取るものは 食べかすではないのです。 患者さんが見た動くものは 細菌である、プラークです。 わたしたち歯科医師が患者さんに求めるものは、 食べかすを除去することではなく、 プラークを除去することなのです。

更新のお知らせ

お口の健康から全身の健康を考える(1)

これは、健康に関心のある方なら常識と言えるのではないでしょうか? でもわかってはいても、具体的にどう行動していいかは わかりづらいです。 歯医者に行けば、歯ブラシをちゃんとやってください。 でも、ちゃんとってどういうこと?

更新のお知らせ

ブラッシングの奇跡

患者さんで、写真家だったMさんが久しぶりに来院した。 この方は、心臓病で長く通院していた。 以前来院した時、長く通院しているということは、治らないということでは? と失礼なことを言ったことがある。

磨き残しが10%以下の人には認定書と記念写真を撮って待合室に飾っています

木馬歯科の理念

患者さんを幸せにする。 幸せの定義は「健」「和」「富」 健康で愛和の家庭があり、明日のご飯に困らないくらいのお金があること。 その中で、わたしたちが提供できるのは「健康」

一本でも歯ブラシ

患者さんから教えられることって多い。 Tさんは数年前に、下は総入れ歯、上は左の犬歯だけの総入れ歯に近い部分入れ歯だ。 その犬歯も動揺していて、近いうちに総入れ歯に作り替えしなくてはいけないと私も、本人も思っていた。 そのTさんは、1本残った歯だけのために、4か月に1度くらいの割でブラッシング指導のために来院している。

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 陽光会 木馬歯科医院 All Rights Reserved.