埼玉県狭山市の口臭治療も出来る歯医者さん。土曜日・日曜日通常診療です。イオン武蔵狭山3Fにある歯科医院。
狭山市の歯医者さん木馬歯科ニュース

タグ : 健康

木馬歯科の理念

患者さんを幸せにする。 幸せの定義は「健」「和」「富」 健康で愛和の家庭があり、明日のご飯に困らないくらいのお金があること。 その中で、わたしたちが提供できるのは「健康」

親孝行

先日、三鷹四中時代の同級生E君のお母さんが、三鷹より来院された。 狭山までは、車だと1時間以上はかかる。 主訴は入れ歯が入らなくなったとのこと、近所の歯科医院では何度も調整はしているのだが、うまくいかなくて、これ以上は無理と言われたそうだ。 本人は医者に見放されたとしょげていた。

木馬歯科の待合室紹介♪

木馬歯科の待合室には歯科衛生士の亀田さんが作った健康資料がファイルにたくさん入っています。 とてもためになる歯科情報です!! 気づくと空になっているので皆さんたくさん持って帰っているようです。 どんどん歯に興味を持ってもらいたいのでうれしい増刷です★

木馬歯科医院では歯科衛生士の亀田さんによる健康情報満載の資料が置いてあります。ご自由にお持ち帰り下さい。

2013年度木馬歯科での8020表彰まとめ

8020運動ってご存知ですか??「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりまったそうです。 今年は過去最高の8名の方を狭山市に推薦します♪

8020運動

木馬新聞号外

今年も、歯の予防週間がやってまいりました。わが国では、超高齢化社会と少子化問題は重大な問題です。 高齢化にはどうしても高齢=病気 医療費がかかる、社会のお荷物と負のイメージになります。わが国の平均寿命は女性で86,2歳、男性で79,2歳です。 しかしながら健康年齢はそれよりマイナス10歳くらいと聞いたことがあります。健康年齢というのが正式な言葉かどうかわかりませんし、健康とは?健康の定義もよくわかりません。ここでは他人の手伝いなしに生活できるということを健康としましょう。

木馬歯科の院内新聞『木馬新聞号外』です。一緒にキシリトール100%のチョコも配っています。

木馬新聞特別号

先週、院長が中学校の歯科検診に行きました。その時健診して思ったことを生徒さんに向けて新聞にしてみました。いつやるか?8020という言葉を聞いたことがありますか?80歳でも自分の歯を20本は残しましょうということです。8020運動が始まって25年になります。平成元年に当時の厚生省が提案しました。

木馬新聞特別号

NEW位相差顕微鏡!

位相差顕微鏡が新しくなりました!前のは17年近く使っていたのですが・・・ モニターが映らなくなってしまいました(>_<)木馬歯科でははじめてブラッシング指導をする方には、位相差顕微鏡を使って、ご自分のお口の中の細菌を見ていただきます。実際に動いている細菌を見るので驚かれたり、ショックを受ける方もいます。

木馬歯科にある位相差顕微鏡で拡大した菌たちです。

知られざるCOPDの死者数

 ひどい息切れやせきが続く慢性閉塞性肺疾患(COPD)による死亡者が増えている。厚生労働省の人口動態統計によれば、2011年は1万6639人で、日本人の死亡原因の9位になった。10年前よりも約30%増えている。 

木馬歯科ニュース

デンタルグッツのPOPを作ってみました♪

木馬歯科医院よりお知らせです。 色んな種類のケア用品を取り扱っていますが…増えていくにつれて値段が見えずらくなったり、説明があった方が便利だと思い作ってみました!!商品が若干見にくくなった気がすますが、おすすめコメントを是非ご覧下さい。

木馬歯科の待合室のケア用品コーナーにPOPを付けました。値段も分かりやすいです。

木馬歯科での心肺蘇生&AED(自動体外式除細動器)

木馬歯科では、AED設置いたしました。それに伴いスタッフ全員で心肺蘇生&AEDの実習をしました。身近にある事ですので心がけていたいと思います。

木馬歯科では自動体外式除細動器・AEDを設置とスタッフ全員で心肺蘇生の実習もしました
« 1 3 4 5

アーカイブ

PAGETOP