歯の神経を抜くとデメリットがたくさん あることを

みなさんはしっていますか?

 

 

痛みが続いて歯医者に行ったら

「この歯は神経をとる治療が必要です。」

といわれたことがある方もいらっしゃると思います。

 

 

「この歯は神経の治療が必要です」

といわれてもどんな治療が必要なのか

歯の神経をとるとどうなるのか、

 

初めて治療する方や今まで詳しく説明されたことがなかった方など

不安・心配な方がある人がいると思います。

 

 

今日は少しでも不安が解消できるように

歯の神経について詳しく書いていこうと思います。

 

1.どのような場合に神経をとる治療が必要なの?

歯肉の中には歯の根っこが隠れています。

 

歯には神経がありその神経に虫歯が神経に近い場合や

痛みが長く続いている・痛み止めが全然効かない

根っこの辺りがぷくっと腫れている、

 

ほかにも虫歯になっていなくても歯をぶつけてしまい

中で神経が死んでしまった場合などで神経の治療が必要になります。

 

 

2.神経をとるデメリットって?

神経をとるとだんだん歯の寿命が短くなってしまいます。

 

歯に栄養を与えているのが神経なので

とってしまうと栄養がいかずもろくなってしまうのです。

 

 

なので歯が欠けたり割れやすくなるので

最終的にその歯が使えなくなってしまうこともあります。

 

 

ほかにも神経をとると歯の色も変色して

くすんだ灰色のような色になってしまいます。

 

 

そうなってしまうと元の色には戻りません。

 

歯を削って土台の状態にし

かぶせる治療が必要になります。

 

 

 

神経をとってしまってもすぐにだめになってしまうわけではありません。

 

きちんと歯のお手入れができていれば

神経のない歯も長くお使いいただくことが出来ますので

毎日の歯磨きを頑張りましょう。

 

 

神経を抜かないようにするために出来ることは

まず定期検診を受けて虫歯を最小限の状態で

早期発見することです。

 

 

大きな穴があいている状態や

痛みが長く続いている状態の場合になって

歯医者さんへ行くともう手遅れな状態かもしれません。

 

 

そうなる前に少しでもおかしいと感じたら

早めに歯医者さんへ行き見てもらうことをおすすめします。

 

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

埼玉県狭山市木馬歯科医院

〒350-1305

埼玉県狭山市入間川3-31-5イオン武蔵狭山3F
TEL:04-2953-8422

FAX:04-2953-6353

E-mail:tooth@mokubashika.com

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜