子供歯磨き を嫌がることありませんか?

 

子供の歯が生え始めると虫歯にならないように

少しずつ歯ブラシに慣れさせることが大事になります。

 

 

慣れさせる時期にその時点で

歯磨きが嫌いになってしまうと

歯磨きの時間が嫌がってしまう子供に

なってしまう恐れがあります。

 

 

今日は歯磨きを嫌いにならないために

そして好きになってもらうために

どうしたらいいのかについて書いていきたいと思います。

 

 

1.歯磨きの時間を嫌がる原因って?

子供が泣いたり嫌がったりする理由は

きっとこのようなことが当てはまると思います。

 

・歯磨きが痛い

・ママに怒られる

・眠くてやりたくない

・口をあけているのがやだ

 

2.歯磨きは楽しくする

少しでも歯磨きは楽しいと思ってもらう

ことがとても大事になってきます。

 

 

歯ブラシやコップを子供の好きな

キャラクターの物に替えてみたりすると

歯磨きの時間が少しでも楽しい思ってもらえるかもしれません。

 

 

ほかにももし歯磨き粉を使っている場合は

最初のうちはいちごやソーダなどの

味がついているものを選んで使ってみると

いいかもしれません。

 

 

もしそれでも嫌がっていたら無理に歯磨きをするのはやめましょう。

余計歯磨きが嫌いになってしまうので注意が必要です。

 

 

3.たくさん褒めることが大事

歯磨きが終わったあとは

「よくできたね!」「いい子いい子!」などと

しっかり子供を褒めてあげましょう。

 

 

褒めることで子供もうれしい気持ちになって

また褒めてもらうために頑張ろうって思い

歯磨きを好きになったり自信にもつながります。

 

 

歯磨きを嫌がっているからやらないのは

虫歯の原因になってしまうので

子供のためにはなりません。

 

 

お父さんお母さんが楽しいんだよと

子供に伝えて教えるのがとても重要なのです。

 

 

なので無理やり磨くのではなく

まずは歯磨きを嫌がっている理由を

しっかりしることからはじめましょう。

 

 

そうするときっと子供も少しずつですが

楽しいと思ってもらえるはずです。

 

嫌がるのを放置するのではなく

歯磨きができるように一緒に頑張りましょう。

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。

埼玉県狭山市木馬歯科医院

〒350-1305

埼玉県狭山市入間川3-31-5イオン武蔵狭山3F
TEL:04-2953-8422

FAX:04-2953-6353

E-mail:tooth@mokubashika.com

゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜。゜