頭痛と歯ぎしり の様子
頭痛と歯ぎしり は関係している?

最近頭痛や肩こりが酷いなと思うことありませんか。

もしかしたら歯ぎしりが原因かもしれません。

なぜ歯ぎしりが頭痛の原因になってしまうのか?

歯ぎしりをしていると頭痛以外にどんな症状がでてしまうのか?

今回は、歯ぎしりに関しての情報が詰まった記事を書きましたので頭痛や肩こりでお悩みの方は読んでみてください。

なお、歯ぎしりの対策としてマウスピースが考えられますが、薬局で作るマウスピースと歯医者で作るマウスピースとの違いについても言及しているので併せてご覧下さい。

それでは本題へ入ります。

今の日本はストレス社会と言われています。

なので多くの方が日々ストレスを感じながら生活していると思います。

学校や職場などストレスを感じるところはちがっても、
忙しくいつも時間に追われている人や、
ストレスを感じやすい人などによく出る癖があります。

それは歯ぎしりです。

歯ぎしりは夜寝てる間に歯を噛み締めてしまったり、
上下の歯をすり合わせるというような行為になります。

その力はとても強く歯やあごにとても負担がかかってしまうので、
歯がすり減ってしまったり顎関節症を引き起こしてしまうことがあります。

それらがさらに酷くなってしまうとかみ合わせのバランスが崩れてしまうので、
頭痛や肩こりを引き起こすのです。

中には歯ぎしりが原因で歯がかけてしまったり、
強い力がかかりすぎて歯が痛くなってしまったりする場合もあります。

ほかにも歯ぎしりをしているせいで歯や顎に力がかかり、
質のいい睡眠がとれなくなってしまいなかなか疲れが取れないなど、
いろいろな症状が出てしまいます。

歯ぎしりは夜寝てる間にするので、
自分では気づけないことが多いです。

恋人や家族に歯ぎしりを指摘されて気づいたという人もいました。

自分ではわからないけど歯ぎしりしてるかもと思ったら、
家族や恋人などの身近な人に聞いてみるのがいいかもしれませんね。

1人暮らしの方は、
朝起きたときに疲れていたりなんとなく頭が痛かったり、
少しでもしてるかもと思ったら対策をしたり、
歯科検診の時などに見てもらうといいとでしょう。

では対策とは何をすればいのか?
歯医者で作れる歯ぎしりのマウスピースを使うことで対策ができます。

マウスピースをはめるとそれがクッションの役割をしてくれるので、
負担を減らしてくれるのです。

歯ぎしりのマウスピースは保険で作ることができます。

作りたいけど忙しいから歯医者にいけないし、
お手軽に薬局などで販売されている自分で作れるマウスピースでもいいのでは?

なんて思っていませんか?

はっきりというと薬局などで販売されている、
自分で作るマウスピースはオススメできません!

なぜならば薬局で売っているようなものはもともと大まかな形はできていて、
それをお湯で柔らかくして口の中にいれ噛んで作るというものや、
最初から形が決まっていてそのまま使うのものだからです。

それがなぜいけないのかというと、
人はそれぞれ歯並びは違います。

なので大まかな形ができているものだと、
ピッタリと自分に合ったものを作ることができないのです。

形が決まっているものも自分の歯並びとマウスピースが合わないということがあります。

ではピッタリあっていないものだとなぜダメなのか?

理由はピッタリ合わないと違和感が強かったり、
つけていて痛いなどで使えないことが多いからです。

違和感が強いとマウスピースが気になってなかなか寝付けなかったり、
寝ている間に外れてしまってクッションの役割をしてくれなかったりします。

つけていて痛いとなると使おうと思えませんよね。

お家で作れるのは楽かもしれませんが、
使えないのでは意味がありません。

なので歯科医院でマウスピースを作るのがいいでしょう。

歯科医院で作るときは、
歯の型をとってそれを使って作るのでとってもフィットするものができます。

ピッタリあったマウスピースをつけて寝ると次の日の朝起きたとき、
頭がすっきりするのでとても楽になるので、
木馬歯科で作った歯ぎしりのマウスピースを愛用しているスタッフも多いです!

もし使っている人の感想が聞きたかったら、
スタッフにいつでも聞いてみてください!

他にも木馬歯科には歯ぎしりマウスピースの見本がありますので、
まだ作るか決めてないという方でも一度どんなものか見ていただくことができます。

その時にお口の中の状態を見ることが出来ますので、
検診ついでに歯ぎしりマウスピースのご相談という形でも大丈夫です!

一度市販のマウスピースを使ってみて会わなかった方、
作ったことないので作るか悩んでいる方、
歯ぎしりしてるかもと思った方はぜひ一度木馬歯科にご相談ください。

詳しい歯ぎしりのマウスピースの詳細はこちら↓↓
歯ぎしり・食いしばりのページ