院長新聞8号

内容

木馬歯科通信

『NHKで紹介していた』

3月7日の夜のNHKの放送で風邪や肺炎の特集をやっているのを、新聞のテレビ欄で知った。でも専門外だからと、その時間は民放の他の番組を見ていたのだ。CMで適当にチャンネルを変えていたところNHKにぶつかった。そうそう、健康番組をやっていたはず。たしか肺炎だったな。あれぇ、ブラッシングをしてるぞ。少し興味を持ってチャンネルを変えずに見ることにした。

最初は内容がつかめなかった。そのうちブラッシングをした後の体の変化についてやっているようだった。脳の断面図が出てきた。脳の部分部分の熱を色で表現するサーモグラフィーとか言うやつだと思う。ブラッシング後には脳の中心部が青から赤に変わっているようだった。脳の中心部を脳幹というんだけど、読んで字のごとく一番大切な場所である。

つまり赤く色が変わったということは脳幹が活性化、よく働くようになったということなのだ。脳幹がよく働くとは生きる力が強くなる。風邪や肺炎に対する抵抗力が強くなる。今流行りの言葉で言えば「免疫力」が活性化して、体が病気と戦う準備ができているということなのだ。番組がどういうメンバーで構成されているのか興味のあるところだが、なんとなく番組は終ってしまった。

次の日診療をしていて3人の患者さんから、昨日のNHKの番組について患者さんの方から話けられたのだ。おおよそ、こんな感じだ。「木馬歯科ではブラッシングをよく教えてくれるけど、歯の健康だけでなく、体の健康にもいいのですね。」なんか、患者さんから教えられた感じがした。その通りで、今までも、うちの基準でブラッシングが上手になり表彰して、その後も何ヶ月に1度定期的に来院してくださる患者さんからは色々な体験談を聞くことができる。

よく話されるのはブラッシングを一所懸命やるようになってからは風邪を引かなくなった。冷え性が治った。具体的に平熱が35度台だったのが36度台になった。アトピーが軽くなったなんて話も聞いている。平熱が上がったと教えてくれたのは60歳を過ぎた方です。つまり人間の体は鍛え方によっては進歩するということなのです。これらの例をまとめると「ブラッシグをすると免疫力が上がる」ということになります。

なかなか、ブラッシングの指導をしていてもよく興味をもって聞いてくださり実行する方もいれば、あまり興味を持っていない方も多くいるのです。でも、得意のうそを言わせてもらえば、「ブラッシングはガンの予防になりますよ。」どうでしょう、いつか医者がさじを投げた病気がブラッシングを一所懸命してたら、自然治癒しました。なんて話を患者さんから聞かされたいものである。

SOSORO

テレビショッピングやインターネットで話題沸騰中のソーソーロが木馬歯科医院でも購入できます。

すでに木馬歯科での売り上げナンバー1★

ソーソーロは口臭の原因になるタンパク質を凝固させる作用があります。すすいだ後の液体には沈殿物が確認できます。歯周病菌の増殖を抑制する作用があります。

5種類の茶カテキン、スイカズラ、レモン水、ステビアなどの天然成分で作られているので、万一飲み込んでしまっても問題はありません。

院内で試す事も出来ます。試された方の驚きの声を紹介します。

★20代女性 ちょっと気持ち悪かったけど、見た目で分かるので本当にスッキリしました。
★30代男性 頬の内側がとてもツルツルするねぇ~

いかがですか?簡単に試せるので是非スタッフに声をかけて下さい。
価格2835円(税込み)

関連記事: