院長新聞7号

内容

木馬歯科通信

『今できること』

医療費が毎年上がっていきます。現在年間31兆円かかっているそうです。また、国民の6割が生活習慣病で死亡しています。医療費の内10兆円が生活習慣病に当てられているのです。では、どうしたらいいでしょうか?1に運動 2に食事3、しっかり禁煙 4、最後に薬。これをスローガンに皆で健康を維持しましょう。要するに、自分の努力で出来ることはしましょう、医療は最後の手段にしましょうということです。

まず1の運動ですが、改めて運動しようとしてもなかなか出来ません、通勤にマイカーをやめて公共交通を使うとか、歩くなんていうのはどうでしょう、買い物にしても両手で持てるだけの量を吟味して買うのもいいと思います。車で買い物するとつい、いらないものまで買ってしまうものです。わたしの場合はアイポッドを利用して行き帰りに音楽を聴きながら歩いています。徒歩20分くらいなのですが、最近は帰りは少しだけ遠回りして帰ったりしています。

2の食事ですが、これは歯を大切にして自分の歯でよく噛んで食べるということに尽きます。

3の禁煙ですが、私の場合、生まれてからタバコを吸ったことがないのでわからないのですが、喫煙者の8割くらいの方ができればやめたいと思っているのではないでしょうか?最初から吸わなければいいのですから、小学校や中学、高校での禁煙教育に期待したいものです。ただ体に悪いだけでは説得力がありません。悪いのは承知で吸うわけですから、例えば1年間にかかるタバコ代がどのくらいかかり、もし吸わなければハワイに行くことができるとか、もうひとつ上のランクの車に乗れるとか、考えることにより禁煙できるのではないでしょうか。

歯科においてできること8020の達成者が21.1%になったそうです。80歳以上の方の5人に1人は歯が20本以上あるということです。しかしながら総入れ歯を使っている方も50%いるのです。お口の中の健康状態も格差が広がったということでしょう。これからも、お口の健康に関しては細大漏らさず情報を提供していこうと思います。なんでも聞いてください。

6月より大阪のほんだ歯科において口臭治療を勉強してきまして口臭の防止法というより「きれいな息の作り方」を学んできました、興味のある方はそっと相談してください。

関連記事: