今回は歯科衛生士の高野和美さんが書きます、原文をそのまま載せます。
毎回、木馬通信は院長が書いているのですが、今月は歯科衛生士としてここで働かせて頂いている私が書くことになりました。

私は、歯科衛生士になって、いくつかの歯科医院で働きました。歯科衛生士になりたての頃、「むし歯は早期発見、早期治療」と教わりました。小さなむし歯は、早めに治療した方がいい。又、揺れている歯は、抜いて咬む為の機能を義歯やブリッジなどで回復してあげた方がいい、と思っていました。けれど、木馬の院長は「手をつけないのも一つの手だ」「なるべく抜かない治療」という方針でした。数年勤めている間に、それが理解できました。

痛みはないが、明らかに悪くなっている歯を、患者さんの為と思って治療しはじめたが、機能回復が困難で、結果として抜歯になってしまったら、患者さんは喜ぶだろうか、ということです。

小さすぎるむし歯は、治療後、再びむし歯になってしまえば、削る範囲が徐々に大きくなる。しだいに、自分の歯の形態がなくなります。(つめる治療がかぶせる治療になってしまう)はやく手をつけてしまえば、その時期を、あえて早めてしまうことにもなるわけです。患者さんが、後で「抜かれてしまった」「削られてしまった」と、思わないための治療を、木馬では患者さん全体に広めています。皆さんは、むし歯になって痛い思いをした経験は少なからずあると思います。その時「もう痛い思いはしたくない」とは思いませんでしたか?

その為に必要な事、それは予防的処置=ブラッシングです。「たかが歯磨き・・・」と思われてしまえば、それまでですが・・・私たち歯科医療にたずさわっている者の考え方を、押しつけるわけではありませんが、患者さん一人一人が、むし歯で痛い思いや治療で痛い思いをしないための努力を意識的に行ってもらえるよう私たちも日々努力していきたいと思います。

一人でも多く、8020運動(80才になっても20本の歯を残そうという目標)が達成できますように・・・