皆様、お元気でしょうか?今年もむし歯予防週間が終わり、前後して歯科に関するいろいろな情報がテレビや新聞で報道されました。

わたしとしては恒例の中学の学校検診が終わり、2校あわせて約700人の生徒の口の中を短期間で見ることができました。これだけでもかなりの数であり、口の中からでも普段の生活が見えてくるものです。

わたしのテーマは「幸せ」です。たぶん全ての人にとっても同じだと思います。それには「幸せ」の定義をしなくてはなりません。条件と言ってもいいでしょう。
これには三つの条件が当てはまると思います。「健、和、富」です。まず病気であっては人生がつまらなくなります。入退院を繰り返して病院を行ったり来たりでは、おもしろくありません。次に「和」です。これは生きていく上での最小単位である家庭の不仲です。やっぱり、家族仲良くなくてはいけないです。三番目に「富」ですが、これはアラブの石油王のようにありあまる富じゃなく、明日のため食事に困るようじゃいけませんがまあ生活に困らない程度であればいいのではないでしょうか。なかなか三条件を整えるのは簡単なようで難しいですね。

さてこの内、わたしがお役に立てるのは「健」です。タイムリーなところで中学生の口を通して見えてきたことを報告します。学校歯科検診はそんなに長い時間かけませんが、その短い時間でなにか的確なアドバイスを心がけています。私の場合、口を開ける前から観察しています。目つき、あいさつに覇気があるかどうかなど。今年特に気になったのはふだんから口を開けたままの生徒が目立ちました。鼻で息をしないで、口で息をする習慣がついているのですね。だからなんとなく顔つきも口元に締まりがない、唇が妙に厚い、いわゆるたらこ唇の子が目立ちました。それから肥満児。これも今年はとくに多かったような気がします。

それから、検診が終わってから救護の教諭に確認したのですが、今日、歯科検診をすることは事前に知らせていたのかどうかです。というのは普通なら歯科検診があるとわかっていれば、普段より口の中をきれいにしてくるはずがそうでない子、多かったのです。もちろん事前に知らせてあったようなのです。とすると一所懸命にやった結果がこの程度であれば対策をとらなくてはいけません。肥満については益々深刻になるのではないでしょうか?ずばり原因はテレビゲームにあると思うのですがどうでしょうか?わたしは持っていないので詳しくは知らないのですが、例えばバーチャルな世界の野球ゲームがあれば、人数集めてキャッチボールしたりした方が楽しいだろうし、サッカーゲームよりボールを蹴ったほうが楽しいはずです。でも飛行機の操縦だけはゲームだけにしてください。2年前くらいに操縦室に進入して機長を刺殺して操縦桿を握った馬鹿がいましたよね。バーチャルだけを楽しんだ方がいいものもあるんですけど。テレビゲームは人間の本能を狂わすような電波とかでていないですかね?子供が外で大暴れするのが本能だと思うのですが。

それからテレビでも興味深い番組がありました。NHKの「ためしてがってん」要約すると、口の中の常在菌が心臓病、糖尿病の原因になるそうです。わたし知ってました。常日頃から患者さんにも警告しときましたので、「ためしてがってん」を見た患者さんから「先生の言ってたとうりのことをNHKで見たよ。」とこれ本当なんですよ。番組では常在菌が腫れた歯肉から網細血管を通して心臓に達するみたいなことを言ってましたが、これだけでなく口腔粘膜からも細菌は悪影響を及ぼしていると思います。この粘膜からの影響は常在菌ばかりでなくたばこのニコチンなんかもかなり吸収しているはずです。ニコチンは肺だけに悪影響を及ぼしている訳じゃありませんよ。むしろ口腔粘膜からの吸収のほうが怖いかもしれません。この番組はビデオにとりましたので興味があればお貸しします。

さて、一番興味ある健康についてですが、食事を正すことにより健康になるというのは前に話しました。逆に言えば食が間違えていると病気になるということです。「食」とは「人」を「良く」すると書いてあります。正しい食事は大切です、わたしは2年前熱海の伊豆山の半断食道場で勉強しました。「健康党」の党首、牧内泰道先生。この人が断食道場の道場長でもあるのですが、健康党のスローガンは日本の医療費を下げるということです。

最近読んだ本で「丹田呼吸」という呼吸法の本です。生きるということは息をするということ。そのとおりです。やはり正しい息が、健康にもつながるのですね。この本は1990年に初版でして。その中に医療費のことがでていたのですが、その当時で17兆円です。それで現在はどうかというと34兆円です。12年前でさえ17兆円もかかる医療費はおかしいと書いてあり、12年間で倍になってます。これから10年先はどうなっているのでしょうか。病人が日本を転覆させると言っても過言ではないでしょう。
しかし、だれでも簡単にできる健康法としてブラッシングがあります。何度も言っているのですが口の健康が体の健康につながるのです。

医療費を削減するにはきちんとしたブラッシングが一番効果的です。
このところいろいろな健康に関する本を読んでいます。正しいと判断したらこの場でまたお知らせしたいと思います。