診療後に狭山市の市民センターで行われた『認知症サポート養成講座』にスタッフ4名で受けてきました。
木馬歯科医院では認知症の方の対応を受けに認知症サポート口座に参加しました
木馬歯科にも認知症の方がご家族と一緒に来院されます。少しでもその手助けになればと思い参加しました。

《認知症サポーターとは》
なにか特別なことをする人ではありません。
認知症について正しく理解し、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。

認知症サポート養成講座では認知症とはどういうものなのか?という基本的なことから認知症の方への対応の仕方を分かりやすく説明していました。

85歳以上では3人に1人は認知症の症状が出る誰にでも起こる脳の病気だそうです。
そのサポートが出来るよう木馬歯科ではこれから認知症サポーターとして患者さんとそのご家族が安心して来院出来るように支えていけたらと思います。
オレンジリングと埼玉県認知症サポーター証
サポーターの証としてオレンジバンドと埼玉県認知症サポーター証を頂きました。
埼玉県認知症サポーター証

三ない!認知症の人への対応の心得

★三ない!認知症の人へ対応と心得
1 驚かせない
2 急がせない
3 自尊心を傷つけない

★対応7つのポイント
・まずは見守る
・余裕を持って対応する
・声をかけるときは1人で
・後ろから声をかけない
・相手に目線を合わせてやさしい口調で
・おだやかにはっきりとして滑舌で
・相手の言葉に耳を傾けてゆっくりと

認知症サポーターのステッカーを狭山市の木馬歯科の入口のドアの貼りました