狭山市イオン武蔵狭山3Fの歯医者『木馬歯科』のブラックボードを更新しました♪
今回は口呼吸の治し方のお話です。
埼玉県狭山市の歯医者さん木馬歯科のブラックボードは口呼吸の治し方について書いてあります。

あなたのお子さんは大丈夫?口呼吸を楽しく治そう!

最近、口がポカンと開いたままの子どもを見かけることが多いと思いませんか?
実は、それは口呼吸をしているサインです。
口呼吸をしていると、口の中が乾燥し、だ液の量が減ります。
そうすると、汚れがつきやすくなり虫歯や歯周病・口臭の原因となります。
また、口呼吸を続けてしまうと、歯並びや顔の骨の発育に悪影響がでてしまったり、体内にウィルスが入りやすいので、風邪をひきやすく、アレルギー疾患の原因にもなります。
舌を鍛えることで、口呼吸は治すことができます!!!
ぜひおうちで、楽しく舌を鍛えられる「あいうべ体操」を実践してみてください!

関連記事: