歯ブラシで取るものは

食べかすではないのです。

 

患者さんが見た動くものは

細菌である、プラークです。

 

わたしたち歯科医師が患者さんに求めるものは、

食べかすを除去することではなく、

プラークを除去することなのです。

 

これをプラークコントロールと言うのです。

 

ですから、歯ブラシをした、

口の中に、歯ブラシを入れるということではなく、

しっかりとプラークを除去することが健康につながるのです。

 

それには、どういう歯ブラシの動かし方をすれば、

効果的にプラークを除去できるかは

習うのが一番です。

 

木馬歯科でのブラッシング指導では、

患者さんが磨いたつもりでも、

実際にはプラークは落ちていないという

ところから始まります。

 

プラークは歯と同じような色をしていますので、

歯垢染色液で赤く染めます。

 

それをした後に、鏡で見せると

驚きます。

驚かすところから始まるのです。

 

指導を受けない歯ブラシでは、

磨いたつもりでしかありません。

 

つまり、患者さんが歯ブラシをやめるタイミングは

きれいになったと思ったところです。

 

本当に、そこでやめていいのですか?

と、わたしは問いたいのです。