気になる口の臭い。店頭には予防グッズが並び、インターネットにも口臭に関するハウツーがあふれる。小林製薬が成人の男女約2200人を対象に行った調査では7割の人が口臭が気になると答え、4割近くの人が口臭を指摘されたことがあると答えた。

口臭はどこから来るのか。歯の汚れと考えるところだが、「大人の場合、ほとんどが舌の汚れからです」。鶴見大(横浜市)で口臭外来を担当する中川洋一さんが教えてくれた。

仕組みはこうだ。食べかすや新陳代謝ではがれた口の粘膜細胞を細菌が分解。細菌と代謝物が舌の上にたまる。舌の表面を覆う白く濁ったものがそれで、「舌苔ぜったい」と呼ばれる。この舌苔が強い臭いを放つ。臭いの主成分は物が腐った時に放出される硫黄化合物で、細菌による腐敗と同じ作用が働いた結果だ。

舌苔に気付かないまま歯を磨いても臭いはなくならず、逆に臭いが強まってしまう人もいる。中川さんは「歯磨きで舌苔を口の中にまき上げてしまうため」という。

舌苔を取り除く時も注意が必要だ。歯磨きついでに舌を歯ブラシで磨くと、表面のザラザラした突起「舌乳頭」が刺激で伸びて、余計に舌苔が付きやすくなってしまう。そこで、市販されている舌ブラシか、ぬれたガーゼで舌の上をこする。1回当たり10往復程度が目安で、やり過ぎは厳禁だ。

また、歯磨きが雑な子供や入れ歯を使っているお年寄りの場合、汚れが付きやすく、臭いのもとになる。

歯磨きは手の動きを細かく、丁寧にするのがコツで、汚れがたまりやすい歯と歯の間は歯間ブラシを使う。入れ歯もなるべくこまめに洗いたい。

上の物は読売新聞日曜版に出ていたもの。
小林製薬の調べによる、7割の人が口臭が気になる?
これって多すぎないかなと思う。

まあ、アンケートなのでやり方次第で
データーはどうにでもなるのだ。

それと鶴見大の中川先生の話、
この方はわたしの先輩にもなり
学生時代にもお世話になっている。

口臭はどこから来るのか?

大人の場合ほとんどが舌の汚れとあるけど、
そんな単純な話ではない。

舌苔を取れば解決なら
口臭外来なんかいらないと思う。

埼玉県狭山市の木馬歯科医院口臭外来ページはこちらです

関連記事:

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村