口臭治療が終わっても、
患者さんとの付き合いは続きます。

なぜなら、患者さんが希望するからです。

ほとんどの患者さんは本当に
口や息が臭いわけではなく、
自分に自信がないから受診します。

もしかして、わたしの息は臭くて
周りに迷惑をかけているかもしてない。

皆さんいい方ばかりです。
控えめで。

ですから、口臭治療が終わっても
その後の経過に不安を持っているのです。

2か月に1度来院する方も入れば、
4か月に1度の方もいます。

再診の時は何をするかといえば、
官能検査です。
わたしの鼻で息や口の中の臭いをチェックします。

そして、前回から今までで、
不安に思ったことなどを聞きます。

不安があれば、的確なアドバイスをします。

うれしかったことも聞いたりします。

5年以上前に治療が終了したDさんは
ニコニコしながら、
「今度、同窓会に出るんです」
と報告してくれました。

口臭が気になっている間は
出席したくてもできなかったんですね。

わたしも報告を聞いて
とても、うれしくなりました。

ほんだ式の口臭治療
ゴールは無臭化です。

わたしは、官能検査をする時、
本当に鼻を患者さんの口の中に入れて
チェックするんです。

常識を超えたチェックだと思いますが、
これで無臭なら親しい人との距離でも
迷惑をかけることはないのです。

埼玉県狭山市の木馬歯科医院口臭外来ページはこちらです

関連記事:

にほんブログ村 健康ブログ 体臭・口臭へ
にほんブログ村

ブログランキング