こないだ3歳児検診に行きました。
3歳児検診って1歳6か月検診から2度目の検診となります。

なぜ4歳児検診でなく3歳児なのかというと、たぶん成長の早い遅いはあるにしても、乳歯が全部生えそろった段階での口腔状態をチェックするという意味があるんだと思います。

乳歯って下の前歯が最初に生えるのが生後6か月なのです。奥歯は2歳くらいで生えるので、むし歯になりやすい奥歯は生えてまだ1年といったところなので、ほとんどの子はむし歯はありません。

「むし歯はありません」のわたしの言葉にお母さん方は、ほっとします。

その後、「なにか心配なことはありませんか?」と質問しやすいように声をかけま す。みなさん遠慮がちなので、せっかくの機会なので、歯についての知識もこちらから提供する気が満々です。

1歳6か月検診で指しゃぶりを指摘されたお母さんは、「出っ歯は治っていますか?」と聞かれました。
指しゃぶりが原因で出っ歯だったそうです。お母さんは心配で、お子さんに指しゃぶりをやめさせるようにいろいろと手を尽くしたそうです。

わたしが見た限り、横顔も鼻の下の出方も普通だったので、問題ないですね。と答えました。そしてどうやって指しゃぶりをやめさせたのか聞きました。
指しゃぶり
お母さんに教えてもらいました。寝る時に、「こっちの指はこんなにきれいなのに、しゃぶっている指はブヨブヨだねえ」と繰り返し言っていたそうです。

わたしも 、指しゃぶりをどうやってやめさせるか質問されますが、うまく答えられません。

この次に聞かれたら、この方法を教えようと思っています。